効率化からプライベートの時間を創る







ExcelのVBAやマクロとは?2つの違いと基本的な意味

WRITER
 
Excel.マクロとVBA
この記事を書いている人 - WRITER -
Excel歴15年。基本操作から関数、マクロ、VBAまで仕事で便利だったことを中心に書いています。お仕事の時間短縮にお役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

ExcelのVBAやマクロとは?2つの違いと基本的な意味

Excelを使っていると、どこかで一度は耳にする「マクロ」や「VBA」

人に聞くにしても上司や先輩はいつも忙しそうなため、人に聞くのも少し聞きにくいと思うことがありますよね。

そこでこの記事ではExcelのVBAとマクロの違いと意味を紹介します。

初心者の方にも分かりやすくなるよう、意味や基本的なことをお伝えしていきます。

マクロを使用していくとExcelの時短技に対するアイデアが一気に広がりますので、この記事を読んで是非ExcelのマクロやVBAの基本知識を深めていきましょう。

 

ExcelのVBAとマクロとは?

ExcelではVBAやマクロといった言葉をよく使います。同じ所や同じ本で一緒に書いていることが多いのですが、意味は決して同じではありません。

一言でいうと、マクロはExcelの自動化を行う「機能そのもの」で、VBAはマクロを動かすためのプログラミングコードです。

 

Excelのマクロ

Excelのマクロでは様々な自動化を行うことができます。例えば以下のものです。

  • データを消して新規にする
  • 入力したデータを他のsheetに転記
  • 文字の色や背景色をつける
  • 罫線の作成、印刷
  • ファイルの保存・呼び出し

Excelの中でできる操作では、ほとんどのものがマクロにして自動化することができます。

 

ExcelのVBA

マクロはVBA(Visual Basic for Applications)と呼ばれるプログラミング言語を使用して書きます。

Excel_マクロとVBAの違い1

上の画像のように、マクロと書いたボタンを押すと金額を初期化するマクロがあるとします。

その場合、VBAと呼ばれるプログラミング言語では以下のようにコードが表記されます。

Excel_マクロとVBAの違い2

 

マクロやVBAを使うには?

Excel_マクロとVBAの違い3

ExcelでマクロやVBAを使用するには、Excelで「開発」タブを表示させておきましょう。

多くのExcelでは導入しても最初は開発タブが表示されていないため、自ら設定で表示させる必要があります。

やり方はとても簡単です。まずはどのタブでもいいので、画像のようにアイコンの近くで右クリックし、「リボンのユーザー設定」を選択します。

Excel_マクロとVBAの違い4

続いて、「開発」の所にチェックを入れ、OKを押すと完了です。

Excel_マクロとVBAの違い5

下の画像のように開発タブが表示されたら、どのようなアイコンやコマンドがあるか見てみましょう。

挿入タブを見るとオプションボタンやチェックボックスなど、様々なボタンが用意されています。

Excel_マクロとVBAの違い6

マクロやVBAの使い方については別記事で紹介していきますので、今回はマクロとVBAの意味や違いと、開発タブの表示までの説明とします。

 

まとめ

今回はExcelのVBAとマクロの違いと意味について紹介しました。

仕事術として時短技を極めていくと、最終的にはマクロやVBAに辿り着きます。

関数や数式ではたどり着けないことが多くあり、VBAを使いだすと世界観が大きく変わります。

当サイトでは少しずつVBAについても紹介していきますので、一緒に勉強していきましょう。
この記事を書いている人 - WRITER -
Excel歴15年。基本操作から関数、マクロ、VBAまで仕事で便利だったことを中心に書いています。お仕事の時間短縮にお役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら









- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© Excel仕事術ブログ , 2022 All Rights Reserved.