効率化からプライベートの時間を創る







VBAで表の最終行を選択する方法

WRITER
 
Excel.表の一番下1
この記事を書いている人 - WRITER -
Excel歴15年。基本操作から関数、マクロ、VBAまで仕事で便利だったことを中心に書いています。お仕事の時間短縮にお役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

ExcelのVBAで作業をしていると、表の最終行を選択したり入力したいことがよくあります。

しかし、いざコードをマクロで自動で取得しても、意味が全く分かりにくいですよね。
そこでこの記事ではVBAで表の最終行を選択する方法を紹介します。

表の中に空白がない場合に行う方法と空白がある時に使える方法の両方を紹介しますので、是非今後の仕事の効率化に取り入れていきましょう。

VBAで表の最終行を選択

Excelでは表の中でCtrl+を押すと入力している最終行のセルを選択してくれます。

VBA.最終行1

これをVBAで表記する場合はEnd(xlDown)を使うと簡単にできます。

以下はコードの例です。

Sub テスト()
Range(“A3”).End(xlDown).Select
End Sub

入力しているセルの一つ下のセルを選択

入力している最終行の一つ下のセルを選択する方法はいくつかありますが、その中でも一番簡単な方法は「offset」を使用する方法です。

Sub テスト2()
Range(“A3”).End(xlDown).Offset(1).Select
End Sub

VBA.最終行2

 

Offset(1)と入力すれば一つ下のセル、Offset(-1)と入力すれば一つ上のセルとなります。

 

VBAで表の最終行を選択(途中に空白がある場合)

入力している最終行を選択したい場合もあれば、空白も含めて表の最終行のセルを選択したいこともあるでしょう。

VBA.最終行4

表の一番下のセルを選択するには一度sheetの一番下のセルを選択し、そのあとExcel上で言えばCtrl+で一気に飛ぶイメージです。

VBA.最終行3

VBAでは以下の表記となります。

Sub テスト3()
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Select
End Sub

 

表の一番下のさらに一つ下のセルを選択

offsetも応用することで、表のさらに一つ下のセルを選択することも可能です。

VBA.最終行5

Sub テスト4()
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Offset(1).Select
End Sub

 

表に便利なEndプロパティの種類

Endプロパティは一番下のセルだけでなく、右や左のセルなども指定することができます。

固定値 内容
xlDown 下端
xlUp 上端
xlToLeft 左端
clToRight 右端

 

まとめ

今回はVBAで表の最終行を選択する方法について紹介しました。

私が実際にVBAでExcelデータを作る時も、今回のように最終行を取得することは多くあります。

ただし最初は空白のセルがある場合とない場合のコードの違いが分からず、最終行がうまく取得できずに苦労しました。

この記事で紹介した2つの方法を使い分けることでとても効率的に仕事を進められるようになりますので、参考になれば幸いです。

Excelの機能を使いこなすと、仕事の効率化から大きな時間短縮に繋がります。

仕事術のスキルが増えるとプライベートの時間を時間を増やすことができますので、当サイトで得た知識を是非活用していきましょう。
以下のExcel記事もおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -
Excel歴15年。基本操作から関数、マクロ、VBAまで仕事で便利だったことを中心に書いています。お仕事の時間短縮にお役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら









- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© Excel仕事術ブログ , 2022 All Rights Reserved.